実務者研修は手に職を付けられる資格!勉強のために教室へ通おう

SITEMAP

実務者研修は手に職を付けられる資格!勉強のために教室へ通おう

介護福祉士への近道!実務者研修

積み上げられた本

介護の世界に飛び込むのなら、就活をする前に持っていたい資格は実務者研修終了証になります。実務者研修を受講していることで介護福祉士をとるための近道になります。実務者研修を受けるには資格教室が多数あります。今の貴方の生活リズムにあった、コースを選ぶと良いでしょう。月に4~5回コースや、毎日コースなどあり、貴方の生活リズムにあった資格教室を選ぶことが出来ます。介護の世界では吸引は必須事項です。実務者研修受講後、介護福祉士の試験に合格すると貴方の介護の職場でたん吸引実務者研修を受け、指導資格を持っている職場であれば、職場の看護師の元で実技指導・試験を受けることができます。無事に試験をパスしたら、現場で喀痰吸引・注入食を流す事が出来るようになり、出来る仕事量も増え、職場に貢献する事も出来、結果的に利用者・入居者に貢献することができるだけでなく、苦しみを少しでやわらげてあげる事出来るようになり、自分の仕事のモチベーションアップにもつながります。介護福祉士が多くいるこの世の中では無資格者ではなかなか就職先も見つからない時代ですが、実務者研修を持っている事で、会社側も貴方のやる気を感じる事が出来ますし、介護福祉士をとる直前だととらえ、就職もしやすくなります。

介護の仕事に役立つ実務者研修の資格はどうやって取得する?

高齢化社会を迎えている現在は介護の仕事への需要が高くなっており、求人数も大変多い分野となっています。求職中の方なら、その求人の多さをきっとご存知でしょう。人に役立つ仕事として、高齢者の方をサポートする仕事して、また介護の経験などを活かせる仕事として関心を持っている方も多いようですが、仕事に役立つ資格取得として「実務者研修」の資格を取得する方も増えています。
かつてのホームヘルパー1級の資格名称が変更になり、現在は実務者研修と呼ばれるようになっています。介護スタッフとして仕事を続けたい方には、エキスパート的な資格として実務に役立つ目標となる資格と言えるでしょう。では実務者研修の資格取得を目指すためには、どうすればよいのでしょうか。そのステップとして役立つのが、資格教室です。
仕事に役立つ資格は様々にありますが、その取得を目指すために準備されているのが資格教室です。介護分野の実務者研修の資格も、この資格教室に通うことで受験に必要な知識などをしっかり学ぶことが可能です。資格があると就職時に有利に働きますし、待遇面でも希望に叶う仕事先を見つけやすくなります。何より嬉しい点は、専門知識があるため自信をもって仕事にあたれることでしょう。

手に職を付けたいなら実務者研修の資格を取ろう

近年需要が高まっている仕事には介護職が挙げられます。もし手に職を付けて長く働きたいのであれば、介護福祉士実務者研修の資格の取得がおすすめです。この資格を持っていると訪問介護や有料老人ホーム、デイサービスなどさまざまなところで働き口が見つかります。介護職の資格といえば介護職員初任者研修もよく知られていますが、こちらと同様に誰でも受講することが可能です。しかし講義内容は、初任者研修よりも専門的なものとなっています。実務者研修の資格教室には主に自宅で学習するタイプと、スクールに通って講座を受講するタイプがあります。自宅学習がメインのタイプでもカリキュラムの一部では通学が必要です。自分で学習を進めたい場合には、自宅学習メインのコースを選ぶと資格取得を目指しやすいでしょう。反対に自宅では落ち着いて勉強できないなら、スクールで学ぶ方が継続させやすいです。実務者研修の資格を持っていなくても、介護系の職場で働くことができる場合もありますが、持っていると給料が高めになるほか仕事の幅も広がるので、やりがいを感じながら働ける可能性があります。介護職で長く働きたい場合には、資格取得を目指しみてはいかがでしょうか。

実務者研修の資格教室を選ぶなら、おすすめなのが【ハクビ】です。細かな部分もしっかり教えてくれるので、資格取得だけでなく実践的な知識もしっかり身に付きます。

新着記事リスト

TOP